11月15日(月)、秋のウォーキングをやりました。10月に緊急事態宣言が解除になってから初めての本格的なウォーキングでしたが、皆さん運動に飢えていたのか、参加者が60人を超える盛況となりました。青葉区役所、青葉区社会福祉協議会、ビオラ市ヶ尾の方々も来られて、全員マスク着用にもかかわらず普段とは違う雰囲気の中で会話も弾みました。泉公園に集合して、ラジオ体操の後、鶴見川に沿って歩く4KMと6KMの二つのコースを用意しましたが、驚いたのはほとんどの方が6KMに挑戦し、中には90歳を超える方もおられましたが一人の落後者も出すことなく、全員ほぼ予定通りにコミュニティハウスに帰還しました。最後に5つのパラソルの下で崎陽軒のシュウマイ弁当をほおばりながらおしゃべり、誰もがピクニック気分で小春日和という言葉がぴったりの一日でした。

何枚か写真を撮りましたので掲載いたします。

 

トラックバックURL

▲ページトップへ