去る10月17日、荏田西社協は三年ぶりにバス旅行を実施いたしました。8月に募集を開始した時点ではコロナ感染者数も過去最高レベルで、本当にやれるのか確たる見通しはありませんでしたが、昨年の例から見て10月頃には収まっているとみて、実施に踏み切ったものです。結果的には私たちの予想は見事に的中し、日本中一大旅行ブームの中でのバス旅行となりました。参加者もほぼ例年並みの47名、バスはほぼ満席となりました。全員マスクをしているところだけは今までと違う風景でしたが。

今回は少し欲張って、山梨県の昇仙峡まで足を延ばし、昼はほうとうを食し、そのあとリンゴとブドウ狩り、その場でもぎたての実を食べることができて、おなかは満腹、手は果糖でべたべた、それでもさすがに食欲の秋、三年ぶりのバス旅行は多いに盛り上がりました。天気にも恵まれました。出発の朝、天気予報ではほぼ確実に雨でしたが、いざ行ってみると、曇天ではありましたが、途中傘をさすことは一度もなく、最後にバスが荏田西に戻ってくる頃になって、ようやく雨が降り始める、というグッドタイミングでした。バスを降りて両手にお土産をぶら下げてお互い挨拶をしながら三々五々帰路に向かう参加者の皆さんの後ろ姿を見て、やって良かったの感をあらためて強くしました。当日撮った写真を何枚かアップいたします。

トラックバックURL

▲ページトップへ