横浜市青葉区社会福祉協議会・社協職員ブログ

文字サイズの変更

HOME  >  社協職員ブログ

上谷本・谷本地区 子育て支援ネットワーク連絡会

上谷本・谷本地区

子育て支援ネットワーク連絡会

1月22日(火)に開催されました。

 

 

上谷本・谷本の2地区の子育て支援活動者が参加し

横のつながりをつくることを目的とした連絡会です。

主任児童委員・子育てサロンの代表・

ボランティアグループの代表・保育園・子育て支援者・

赤ちゃん訪問員・子育て支援拠点・区役所・

地域ケアプラザ・区社協など

様々な主体の活動者が参加しました。

 

 

前半は各活動の情報交換。

サロンの様子・一時預かりの利用・

布おもちゃの貸出・遊びの内容等を

共有したりアドバイスをいただいたりしました。

 

 

後半は実際の活動や施設見学をしました。

①親子のひろば「てとてとあおば」

②一時保育「にじのことり」

③一時預かり「ピノキオ保育園」

 

藤が丘2丁目にある「にじのことり」にて代表の方から

一時保育の利用の様子、

送迎や利用料についてお話を聴きました。

 

 

 

藤が丘駅近くにある

一時預かり「ピノキオ保育園」にて

園児の様子を見学しました。

 

 

実際に見学に出向きお話を聴くことで

よりお互いの活動の理解が深まり

子育て支援のつながりが強まっていくように感じました。

 

 

あおば子ども食堂 ハロウィン

株式会社朝日様からお菓子のグミの

ご寄付をいただきました。

 

10月31日(水)

あおば子ども食堂があり

ハロウィンのタイミングと重なり

お子さんたちにグミをお渡ししていただきました

 

 

クッキーはボランティアさんの

手づくりとのことです

 

お子さんたちに喜ばれ

ハロウィンの記念にもなり良かったです。

ありがとうございました。

 

ミントの会 寄付のトマト缶の活用

株式会社の朝日様からの

トマト缶の寄付の活用で

ミントの会からご報告と写真をいただきました!

 

ミントの会は上谷本地区・谷本地区で

配食や会食会のボランティア活動をされています。

 

 

ミントの会の代表の方より

「トマト缶有難うございました。

早速、配食弁当で使わせていただきました。

『鶏むね肉のトマト煮』です。

柔らかくて利用者さんにも好評でした。

日ごろトマト缶を使用してなかったのですが

沢山頂けたので

たっぷりと使わせていただきました。」

との言葉をいただきました。

 

寄付をきっかけに

団体の活動支援・活動参加者支援につながっていて

本当にすばらしいと思います。

 

ミントの会について

こちらをクリックしてください。

 

 

あおば子ども食堂 寄付のトマト缶の活用

株式会社朝日様から

こども食堂や会食会等の地域活動で

活用していただきという目的で

トマト缶等の寄付をいただきました。

区社協から地域の団体に配分をしました。

 

あおば子ども食堂では

トマト缶を使ったカレーをつくられました

 

 

優しい味になり

地域のお子さんも喜ばれたようです!

 

あおば子ども食堂については

こちらのブログをご覧ください。

 

もえぎ野センター「もえぎ野まつり」

平成30年10月14日(日)に

もえぎ野センター主催「もえぎ野まつり」

開催されました!

 

 

地域の方々・ボランティア団体・施設なども

お祭りのブースに参加し

お祭りを盛り上げておられました。

 

 

【開会セレモニー】

 

 

 

地域の方々による模擬店など

多くのブースがあり

来場者は楽しく過ごされていました。

 

 

区社協も赤い羽根共同募金のPRも兼ねて

缶バッチづくりのブースに参加。

ボランティアの方々や

センターの職員のお力を借り

お子さんを中心に缶バッチづくりを

楽しんでいただきました。

 

 

もえぎ野センターのマスコット「タオル犬」と

青葉区社協のマスコット「あおばちゃん」が

赤い羽根を持っているイラストの缶バッチです!

 

 

缶バッチづくりブースの皆さんです!

ありがとうございました。

 

 

ブース出展をはじめ

地域の方々との交流が深まる

とても楽しいお祭りでした。

 

青葉区の「こどもの居場所」について

青葉区の「こどもの居場所」

活動団体の一覧チラシを掲載いたします

 

※クリックすると拡大されます。

※2ページあります。

 

平成30年7月26日(木)の

こどもの居場所づくり連絡会の

参加団体を掲載しております。

連絡会の様子はこちらのブログをご覧ください。

※クリックするとご覧いただけます。

 

 

 

各団体は地域のお子さんたちの参加を

心待ちにしています。

 

上谷本地区社協ボランティア会 定例会

地域の助け合いグループの

上谷本地区社協ボランティア会の定例会

おじゃましました。

 

 

地域の個人の助け合い活動や

サロン活動・施設ボランティア・学校支援など

地域の中で幅広く活動している

頼もしいグループです

 

区社協としても活動の応援を

続けていきたいと思います!

 

 

(株)朝日様からのご寄付

株式会社 朝日様から

販売ルート(賞味期限ルール・ラベルミスなど)に

乗らない食品を廃棄するのではなく

青葉区内のボランティア団体や地域活動のために

役立ててほしいというご相談がありました。

 

今回はトマト缶・フルーツ缶・油・

賞味期限が近いお菓子などをご寄付いただき

本会の会食会を開催している会員団体や

こども食堂の活動団体などに呼びかけ配分を行いました。

 

大変喜ばれております。

 

お菓子(クッキー)を500袋ほどいただき

地域のサロンやバス旅行の参加者にお配りしました。

 

 

上谷本地区社協ボランティア会が開催する

欅の会にて参加者にお配りした様子の写真を

メンバーの方にいただきました!

 

その場で召し上がった方や

お土産にした方などがいて

「ごちそうさまでした!」と御礼の言葉をいただきました。

 

 

朝日様は今後も寄贈できる食品が出たら

地域のために使っていただけるよう

考えてくださるとのことで大変心強く思います。

 

ありがとうございました。

 

こどもの居場所づくり連絡会

青葉区内のこどもの居場所づくり

活動をされている団体にお声掛けをして

7月26日(木)に連絡会を初めて開催しました。

 

 

お互いの活動を知り横のつながりを深めること・

情報交換を行い今後の活動のヒントを得ていただくこと

を目的に開催しました。

 

この連絡会でのこどもの居場所とは

「こどもがひとりで来られ」

「見守る大人がいて」

「継続的な居場所・活動」としました。

 

 

青葉区内でこども食堂・学習支援・フリースペースの

活動をしている11団体に参加していただきました。

最初に各団体の活動紹介。

 

【あおば子ども食堂】

 

 

【まんぷくひろば】

 

 

【たまプラごはん】

 

 

【かもマチ食堂】

 

 

【ナナ食堂】

 

 

【ノヴィーニェ  こども食堂&こども寺子屋】

 

 

【もえぎ野フリー学習スペース】

 

 

【すすき野中学校放課後学習教室】

 

 

【フリースペースあおば】

 

 

【ぷらボラ  フリースペース】

 

 

【横浜みどりの学校ひまわり】

 

各団体の活動内容や特徴は多様ですが

「こどもたちのために」という思いは

共通しておりとても心強く思います。

 

 

後半は5グループに分かれて情報交換。

 

他の団体に聞いてみたいこと

アドバイスがほしい悩みごと

をそれぞれが出し合い話をしました。

 

参加者やボランティアの募集・

居場所と学習支援のバランス・

お子さんへの対応方法など

各団体の工夫点や経験談を共有しました。

 

 

最後に区社協より

助成金の案内・広報・寄付の体制など

情報提供・今後の取組についてお伝えしました。

 

こどもの居場所づくりという

同じ目的を持った団体同士が集まり

お互いに活動を認め合い

励まし合うことは

活動のモチベーションをさらに

高めることにつながるように感じました。

皆さんの活動が

こどもや地域にとって大きな支えになっています。

区社協も活動支援を継続していきたいと思います。

 

ありがとうございました。

 

 

福祉教育ボランティア養成講座 第3回目

福祉教育ボランティア養成講座

第3回目を開催しました。

 

もえぎ野あったかネットワークのメンバーから

福祉教育プログラムの取組をお話していただきました。

 

 

もえぎ野あったかネットワークとは

上谷本地区・谷本地区(もえぎ野地域ケアプラザエリア)の

地域活動団体・福祉団体・ボランティアが集い

地域の課題解決に向けての取組を話し合うネットワークです。

 

あったかネットワークの取組の1つの

福祉教育プログラムについて

目的・内容・作成しての感想などを教えていただきました!

 

 

プラグラムを体験。

コミュニケーションについて深める内容で

言葉以外のやり取りで誕生日順に並ぶゲームをしました。

 

 

手づくりのパネルの実演!

街の絵の中に困っている方がいて

「どのようにお声掛けをするか」

「どのようなお手伝いができるか」考えます。

 

「何かお手伝いしましょうか?」という

声掛けをきっかけに

ちょっとした困りごとを解決します。

 

このパネルを通して

普段の生活の中で

自分ができることを考えられます。

メンバーの手描きの絵も温かみがあります

 

受講者も実際に体験!

 

 

軍手をはめてのお花飾りづくり。

周りから焦らす言葉を掛けられることと

励ましの言葉を掛けられることの体験をして

相手のペースを配慮することや

声掛けの大切さを体験しました。

 

 

地域の方々が福祉教育の内容を考え

その内容を地域に発信していくことに

取り組まれていることは素晴らしいことだと感じます。

 

受講生の皆さんも

刺激になったのではないかと思います。

いろいろ教えていただき

ありがとうございました。

 

受講生の皆さんも熱心な方々ばかりなので

これからとても期待しています。

 

 

<< 1 2 >> 2ページ中1ページ目

プロフィール

  • 地域活動・ボランティア活動・青葉区社協の仕事などを職員が紹介するブログです。

    [RSS]  [XML]

  • 最近のコメント

  • カレンダー

    <<2019年06月>>
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930