横浜市青葉区社会福祉協議会・社協職員ブログ

文字サイズの変更

HOME  >  社協職員ブログ

谷本地区社協ボランティアの会 HUG体験

谷本地区社協ボランティアの会

避難所運営ゲーム(HUG)を実施しました!

 

 

HUGは災害時の避難所運営を皆で

考える静岡県発祥のゲームです。

 

年齢・性別・国籍・介護度・障がい・病気などが

書かれたカードを避難者に見立て

避難所である学校の体育館や校庭の平面図に

どのように配置するかグループで考えるゲームです。

 

 

避難者のカードがどんどん読み上げられるので

迅速な対応が求められます。

 

要援護者への配慮・旅行者の避難・通路の確保・

ペットの対応など瞬時に検討します。

 

皆さん

自分事のように熱心に考えています。

 

 

各グループを見比べると

それぞれ特徴がある避難所の運営になりました。

 

 

受付の方法・ペット対応など

悩んだところなどを共有しました。

 

 

 

 

今回のHUGでは実際の地域の防災拠点の

谷本小学校の平面図を使用。

 

実際の谷本小の防災拠点の訓練の様子や備蓄について

町内会の会長・副会長からお話を聴かせていただきました。

 

 

仮設トイレの組み立て訓練・水や備蓄の確保・

プライバシー保護のための

ダンボールでの仕切りの検討などを皆さんで共有。

 

谷本地区内にある他の防災拠点の体制についても

お話を聴かせていただきました。

 

防災拠点運営マニュアルや

ペット対応についてお話がありました。

 

ハード面の訓練に加えて

今回のHUGの様な要援護者への配慮という

ソフト面の防災訓練も重要という言葉がありました。

 

今回のHUGをきっかけに

ますます助け合いのつながりが

地域で広がっていくと良いなと感じます。

 

 

奈良北地区 7月ふれあいサロン 

毎月10日に開催される

奈良北地区社会福祉協議会主催

ふれあいサロンにおじゃましました。

 

7月のサロンは区役所の保健師さんによる

熱中症予防の講話と体操の時間がありました!

 

 

 

奈良北地区社会福祉協議会から

活動の様子などのお話がありました。

地域の助け合い・交流の活動を進めており

とても心強く感じます。

 

 

参加者の皆さん

淹れ立てのコーヒーやお菓子をいただきながら

お話を楽しんでいました。

 

ふれあいサロン

どなたでも気軽に参加できます!

お近くにお住まいの方はぜひご参加ください!

 

 

第68回社会を明るくする運動がスタートしました!

犯罪や非行を防止し立ち直りを支える地域のチカラ

犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について

理解を深め犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を

築くために毎年7月を強化月間として様々な活動を

行っています。

 

ミニ集会

保護司、民生委員児童委員、自治会・町内会、PTA

などが中心となり、中学校や自治会館などで

非行防止、子育て、防犯などのテーマで

懇談会や討論会を実施しています。

テーマに沿ったビデオ上映を行うこともあります。

 

駅頭キャンペーン

保護司会・更生保護女性会・推進委員会を中心に

更生保護の理解と啓発を目的として

市が尾駅・あざみ野駅・青葉台駅で

リーフレットや啓発グッズの配布を行っています。

今年は7月20日(金)

10:00~市が尾駅

10:30~あざみ野駅・青葉台駅

で行います。

 

 

作文コンテスト

神奈川県推進委員会が実施する

「社会を明るくする作文コンテスト」は

次世代を担う小中学生に、家庭生活や学校生活の中で

体験したことをもとに、犯罪や非行のない地域社会

づくりや犯罪・非行などに関して考えたこと、

感じたことを作文にしこの運動に関しての理解を

深めてもらうことを目的に行っています。

青葉区では夏休みの宿題の一つとして積極的に

取り組んで頂いていて

昨年度は356名(中学校2校、小学校11校)

の参加がありました。

その中で3名の生徒・児童が全国や県で表彰されました。

参加者と入賞者全員に参加賞をお渡ししていますので

ぜひご参加下さい♪

 

これらの活動は自治会・町内会を通じて皆様から頂いた

更生保護協会費を財源に実施しています。

ご協力ありがとうございます。

更生ペンギンのホゴちゃんとサラちゃん

法務省ホームページ

第68回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~」

http://www.moj.go.jp/hogo1/kouseihogoshinkou/hogo_hogo06.html


 

すすき野地区 いきいきシルバーエイジお食事会

すすき野地区民生委員児童委員協議会主催の

いきいきシルバーエイジお食事会におじゃましました。

 

 

 

多くの方々が集まり

手づくりのご飯を食べながら交流を楽しみます。

 

 

 

 

民生委員の方々の手づくりのカレー(ビーフ・チキン・ポーク)や

多くの副菜が並べられとても美味しくいただきました。

 

テーブルに座った方々と食事の感想や

最近の出来事や思い出話などで話が弾みました。

 

歌の時間やお花のプレゼントもあり

梅雨の晴れ間の楽しい食事会でした。

 

 

福祉教育ボランティア養成講座 第1回目

福祉教育ボランティア養成の連続講座

6月26日(火)にスタートしました。

 

 

第1回目ということで最初に

福祉教育の目的や青葉区の福祉教育の取組について

職員から話をさせていただきました。

 

 

福祉教育の実施は

だんのらしのあわせ(福祉)」を

を皆でつくっていくことを目指すことが目的で

地域福祉の土台になります。

その上で福祉教育を推進する

ボランティアの存在がとても心強いということを

お伝えしました。

併せて青葉区の小中学校は福祉教育に

熱心に取り組まれていることもお話しました。

 

 

参加者同士のつながりもつくっていただきたく

他己紹介を行いました。

 

 

2人1組になり相手のお話を聴いた後

相手のことを全体に紹介していただきました。

参加者それぞれのお人柄が分かりました

 

 

後半は車椅子体験

 

福祉教育で車椅子体験をする目的

車椅子操作方法をお伝えし

グループになって実践。

 

外に出て車椅子を体験しました。

 

普段何気なく歩いている道も車椅子を利用すると

いろいろな気づきがあったようです。

 

「車椅子を利用すると道のつくり方

(段差・斜面・レンガ敷)が気になる」

「実際に車椅子利用者がいた時にお手伝いしたい」

「歩行者が配慮してくれた」

「車椅子に乗っていると押している方が

大変じゃないかと心配になる」

車椅子体験を自分事として捉え

多くの感想をいただきました

 

 

全6回の講座

これからよろしくお願いいたします。

 

 

鴨志田西団地の防災分科会ヒアリング

グリーンヒル鴨志田西団地の防災分科会の取組について

分科会の代表からお話を聴かせていただきました。

 

奈良北団地の防災部の代表も一緒に

鴨志田西団地の防災について情報共有をしました。

 

 

 

鴨志田西団地防災分科会はボランティア組織として立ち上がり

自治会を主体とする震災対応本部のサポート役です。

 

震災対応本部は毎年役員が交替します。

そこで役員を対象に情報の引継ぎを兼ねた基本講習

防災分科会が実施しているとのことです。

 

他にも自治会・管理組合(棟代表・階段員)・防災分科会

連携し安否確認の体制づくりもされています。

 

防災分科会と自治会のちょこボラ(住民による助け合い活動)

連携し防災の普及啓発もしているとのことです。

近隣町内会や大学とも防災のつながりを強化しています。

 

「楽しく取り組もう」をモットーに

地域活動を団地内で盛り上げているそうです。

団地の助け合いの体制づくりについて

参考になる話がたくさんお聴きすることができました。

 

 

各団地で熱心な取り組みがなされているので

今後区社協として

このような情報交換の場づくりを

進めていければ良いなと思いました。

 

 

『あおば社協だより』平成30年6月号を掲載します

青葉区社会福祉協議会の広報誌

『あおば社協だより』平成30年6月号を掲載します。

 

 

画像をクリックすると拡大されご覧いただけます。

2ページ誌面があります。

 

【掲載記事】

・募集 夏休みボランティア体験!!

・社会を明るくする運動

・区社協各部門でのボランティアの活躍!

 

 

ボランティア団体 あめんぼ

ボランティア団体「あめんぼ」は

身近な人たちとのつながり作りを

目的としたサロンを

月3,4回美しが丘地域ケアプラザで開いています。

お食事会、体操、盆栽、歌 etc...

参加者には、その道のプロの方がいらっしゃるので

その日は先生として皆さんに教えることもあります。

 

毎回色々なことをみんなで楽しまれた後、

ボランティアさんお手製のお菓子を食べながら

お茶を飲んだり、おしゃべりを楽しんだりしています。

私がおじゃまさせて頂いたときは

参加者のハーモニカの伴奏で

数曲の歌を歌いました。

サロンが始まった頃から、

少しずつ文字に起こし、冊子にし

季節に合わせて歌を選んだり、

リクエストに応えたりしながら

楽しく歌います。

あめんぼがスタートして17年の年月が経ち、

運営側も参加者も高齢となり

坂の多いケアプラザまでの外出が

難しい方も増えてきました。

ご自分は大丈夫でも、

家族の介護により外出が難しい場合もあります。

そのような方のために、

あめんぼの代表の方は

「より身近な場所で、気軽に集まれる居場所が必要」

と感じていて、これからのあめんぼのあり方を

検討されています。

青葉区社協としても

お手伝いをさせていただければと思っています。

藤が丘ふれあいサロン 5月

毎月第4水曜日に藤が丘2B自治会館で開催

藤が丘ふれあいサロン

 

 

5月のサロンにおじゃましました!

 

 

 

今回は万華鏡づくりです。

 

 

お子さんから大人まで

オリジナルの万華鏡を作ることに

夢中になっていました。

 

 

出来上がったら

皆さんでそれぞれの作品を見比べ

楽しんでいました

 

男性陣は作品の完成度を究めていました。

お子さんも可愛らしい作品が出来上がりました。

 

 

手づくりのお菓子は

季節感を感じる鮎に似せたものです!

 

 

体操の時間

 

あごを鍛えるユニークな体操もしました。

 

 

最後は皆さんで歌を楽しみました。

 

とても楽しく和やかなサロンでした!

 

 

奈良北地区 寄処なな

奈良北団地の集会所にて

第一月曜日に開催されている

寄処ななにおじゃましました。

 

 

手づくりのカレー・コーヒー・お菓子が

毎月楽しめます!

 

 

団地にお住まいの方はもちろん

事業所の方々などもいらしていました。

 

男性の方から

毎月カレーを楽しみに来ているとの

感想もありました。

 

カレーも美味しく

地域の方々による温かい雰囲気の居場所で

素敵だなと思いました

ごちそうさまでした

 

 

<< 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >> 19ページ中8ページ目

プロフィール

  • 地域活動・ボランティア活動・青葉区社協の仕事などを職員が紹介するブログです。

    [RSS]  [XML]

最近のコメント

  • カレンダー

    <<2019年03月>>
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031