横浜市青葉区社会福祉協議会・美しが丘地区社協

文字サイズの変更

HOME  >  美しが丘地区社協

美しが丘社協だより(No.29)

美しが丘地区社協では、年3回広報紙を発行しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

美しが丘社協だより(No.28)

美しが丘地区社協では、年3回広報紙を発行しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

美しが丘社協だより(No.27)

美しが丘地区社協では、年3回広報紙を発行しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

美しが丘社協だより(No.26)

美しが丘地区社協では、年3回広報紙を発行しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

個別支援学級への支援活動実施中!

美しが丘地区社協では、地域内小中学校個別支援学級への支援活動を行っています。

詳しくは、チラシをご覧ください。

共同募金活動を行いました。

10月1日(火)、最寄の“たまプラーザ駅”で共同募金の街頭活動を行いました。

地区社協活動の財源にもなっている「赤い羽根共同募金」。

美しが丘地区社協では、例年10月1日に、役員やスタッフが同駅で活動を行っています。

駅ご利用の多くの皆さまにご協力頂きました。

大変ありがとうございました。

“手話”を学びました。

9月8日(日)、たまプラーザ地域ケアプラザにて「研修会」を開催しました。

今回のテーマは…「手話」です。

講師は、青葉区聴覚障害者協会の井上さん。

手話だけではなく、聴覚障害に関するお話をいただきました。

挨拶などの手話や指文字を教えてもらいました。

(指文字はかなり悪戦苦闘…難しい上に、指が動かない…)

また、参加者一人ひとりの名前を手話で教えていただきました。

その他にも、聴覚障害のある方への接し方など、親切丁寧に教えてくださいました。

 

美しが丘地区社協では、社協スタッフのスキルアップを定期的に行っています。

向上心が、よりよい活動を生み出す原動力になっています。

個別支援学級の授業を支援!

地元にある「美しが丘中学校」(←地元では“美中”として親しまれています)の個別支援学級の授業をお手伝いしました。

今回は、今年2回目のお手伝いです。

今日は、課外授業。地元の自治会館で「書き方」の特別授業。

いつもと違う環境のせいか、みんな少々緊張気味…。

先生方に混じって、地区社協のスタッフが授業のお手伝い。

講師の先生は、区民活動センターからご紹介をいただきました。

 

このような取り組みに至ったのは、これまで「何かお手伝いできることはないですか」という地区社協からのアプローチと、「地域の方にご協力いただきたい」という学校側の思いがつながり、実現しました。 

昨年度末に、試行的に実施。今年度からは、「できれば月1回」ペースでのお手伝いを目指しています。

 

「美しが丘ボランティアセンター」は、「まちなか相談室」へ。

平成23年10月17日にオープンした「美しが丘ボランティアセンター」は、平成25年度より「まちなか相談室」へ、名称を変更しました。

より身近な、地域のための「まちなか相談室」として、地域の皆さんが集い、頼られる場として、今後も引き続き、運営していきます。

なお、開所日は、水・木・金曜日です(10:00~16:00)

詳しくは、まちなか相談室ホームページ

ボランティアセンター1周年記念「健康美セミナー」開催!

美しが丘ボランティアセンター開設1周年記念として「健康美セミナー」が開催されました。

会場は、たまプラーザ駅の「たまプラーザテラス」。今回は女性限定の企画です。

(とはいえ、スタッフは男性も。こちらは、大野ボランティアセンター事務局長)

午前の部と午後の部、2回に分けて行われました。

1回25名定員、もちろん満席です。

開会のご挨拶を行う瀬戸地区社協会長(ボランティアセンター運営委員会副会長)

内容は「お口の健康教室」と「おしゃれ教室」。

参加者は熱心に学ばれていました。

 

<< 1 2 >> 2ページ中1ページ目