横浜市青葉区社会福祉協議会・美しが丘地区社協

文字サイズの変更

HOME  >  美しが丘地区社協

「目でも楽しむおもてなし料理」開催しました。

11月9日(金)『目でも楽しむおもてなし料理』を開催しました。

美しが丘地区社協としては初の試みです。

会場は、美しが丘地域ケアプラザ多目的ホール・調理室。

地域の皆さん20名がご参加されました。

講師は、寺岡淳美先生。区内でも大活躍の調理師の先生です。

レシピを見て、先生の説明を聞きながら教室は進んできました。

 

 厨房では、地区社協スタッフの皆さんが大奮闘。

最後は、皆さんでおいしくお召し上がりになりました。

高齢者疑似体験を実施しました。

美しが丘地区社協では、地区社協スタッフを対象にスキルアップのための研修を実施しました。

今回のテーマは「高齢者疑似体験」、会場は美しが丘地域ケアプラザ。

講師は、美しが丘地域ケアプラザの太田さんです。

疑似体験セットを装着し、館内を歩いてみました。

普段は何気なく移動できますが、ぎこちなさを感じながらの歩行でした。

 「普段通りにできないことが多くなる高齢の方へのサポートは必要。体感していただくことで今後の活動につなげていただきたい」とお話しいただきました。

保土ケ谷・千丸台地区を視察しました。

保土ケ谷区・千丸台地区のボランティアセンターを視察しました。

 

千丸台地区ボランティアセンターは、美しが丘ボランティアセンターとほぼ同じ時期に開設しています。

今後の美しが丘ボランティアセンター活動の参考になればと思い、見学とお話を伺いました。

(千丸台地区ボランティアーの外観です)

参考になるお話もたくさん伺え、今後につながる視察となりました。

美しが丘ボランティアセンターの今後の活動をご期待ください。

瀬戸会長が『復興支援ボラバス』に参加しました。

8月2~4日に実施した『被災地復興支援ボランティアバス』に瀬戸会長が参加されました。

被災地を視察する瀬戸会長(左から3番目)

活動は、イベント(盆踊り大会)の支援でした。

青葉区で寄付頂いた浴衣を来場者にさしあげました。

ちなみに、瀬戸会長は、主に記録(写真)をお願いしていましたので写真にあまり写っていません。

3日間にわたり大変お世話になりました。

『美しが丘ボランティアセンター』開所中!!

美しが丘地区では、「高齢者が安心して自分らしく暮らせるまち」

をテーマに人と人とを『つなぐ』、地域と人を『つなぐ』、行政と

地域と人とを『つなぐ』ことによって高齢者の暮らしを支援し、

情報発信など「安心と生きがい」を持っていただく地域拠点

として『美しが丘ボランティアセンター』を開設しています。

  美しが丘ボランティアセンターチラシ(PDF

※開所日時は、月・水・木・金曜日の

   10:00~16:00(祝日を除く)です。

<< 1 2 >> 2ページ中2ページ目